読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思い出はいつも綺麗

後世に残したい現場備忘録、時々感想

早乙女太一ファンクラブイベント2014@横浜タイクーン~昼の部

event

11/3 12:30~

横浜のレストランでのイベント。私事なんですけどこの日前日までAJTのために神戸にいたのでスケジュールがハード過ぎて(あとツーショ撮影に緊張し過ぎて)死にかけてたんだけどよく考えたらこの日見る人たち(太一さん、友貴くん、祐也くん、拓也くん、創くん、あゆちゃん、なおちゃん)も昨日神戸にいた。

レストランに招き入れられ各テーブルに着席。ちょっとしたオープニングトークで先週から始まったツアーの話。新春のBUMPから十ヶ月ぶりのAJTがあまりにもしんどいこれ12月までやってける気がしない…とダラダラ語る太一さんにたしか創くん「え、これ演出したの誰でしたっけ」太一さん「ぼくです」そうだね

そのまますぐ太一さんとのツーショット撮影が始まりその間は過去映像を流してこのあと何が起こったでしょうかクイズをしつつ太一さん以外の出演陣でおしゃべり。ツーショ撮り終わった人から順番にバイキング式のお料理選んで再び着席の流れ。

  • 幸村の映像。兄弟殺陣中に太一さんの刀が折れてしまってそのあと友貴くんはどうしたでしょうか。答えは刀を捨てた。友貴くん曰く兄の刀が折れた瞬間は認識しつつでもまあ次の刀補填してるだろうなと思って見たら持ってない、「えっ素手と刀じゃ俺勝っちゃうじゃん!?」って考えた結果咄嗟に刀捨てて兄弟の殴り合いになった回があったらしい。「ただの兄弟喧嘩じゃん」笑
  • BUMP名古屋公演の胡蝶之夢(太一さんのソロ剣舞)中に刀が飛んでいってしまって、さてどうやってその刀回収したでしょうかというクイズ。正解は次の曲の紫のゆかり、ふたたびでわざわざバク転して取りに行った。簡単に取れるタイミングはあったのにあえてバク転でピンチを見せ場に変える太一さんついて「あえてあそこで取らないんだよ」とドヤる友貴くん。しかし祐也くんに「じゃあもしゆっくんだったらいつ取る?」と聞かれ「俺はあの(バク転しなくても目の前に刀があった)タイミングで取りますけど」ってさらっと言い返していた。やらんのかい。

ツーショ撮りに行ってたり料理選んでたりわたしが眠かったりでこのくだりここ以外の話忘れてしまったのですけどしばらくしたら太一さんがご帰還。太一さんが席外してる間ものすごい饒舌だったのに戻ってきた途端喋らなくなる友貴くん。

太一さんが帰ってきて引き続き刀飛んで行った話。

祐也くん「この前中野(ツアー初日)でも同じことあったんですけど。俺ちょうどその飛んできた刀の近くにいたからかっこよく渡すシミュレーションしてたら二代目が踊りながら『祐也くんいい!祐也くん!置いといて!いい!』って言うから拾えなかった(´・ω・`)」紫のゆかりの騎馬舞踊を再現(というには妙な動きになってた)しながら

太一さん「いやそんな踊りはしてない」

映像クイズ再開

  • BUMP名古屋での矢崎弁天の映像。芝居がすべて終わり幕が閉まりつつある映像にこのあと何が起こったでしょうかの問題。お客さんが「矢崎くんが疲れてる!」と解答すると太一さんは「えっ矢崎くん?矢崎くんは確かに疲れてた!うん!正解!」の返し。本当の正解は子分役として倒れてた小早川俊輔くんが倒れる位置間違えて閉まっていく幕の外に放り出されてしまったこと。当時俊くんまだ舞台キャリアの浅かった頃だったから仕方ないよ~とフォロー入れつつ映像流して取り残される俊くんを見ながら「俊輔!どうした!俊輔ーッ!」とガヤ入れる太一さん笑。
  • 祐也くんが主役のお芝居の映像で何が起こった?の問題。うろ覚えだけど正解は居合に失敗したとか納刀に腕の長さが足りなかったとか系のミス(かわいい)。そんな祐也くんに「祐也くんはね、練習で間違えたことは絶対に本番でも間違える」と太一さん。
  • 友貴くんの恐らく2013年の誕生日公演の映像。幕が開いた瞬間何かが起こります、何が起こったでしょう?の問題。正解は裏方として手伝いに来てくれてた元劇団員の神山大和くんがおもっきり私服でいて焦って裏に逃げた。笑
  • 朱雀一行のプライベートな動画から出題。真冬の海辺に来ていたご一行、ふと太一さんがニヤリと笑ったと思うと少し離れた砂浜で黄昏ている友貴くんに向かって全力疾走。さてこのあと何が起きるでしょうか?正解は友貴くんを海に突き飛ばそうとするもすんでのところで気配に気付いて華麗に回避、その勢いを殺せなかった太一さんが海に突っ込む。急展開すぎて誰もわかるわけない。
  • そしてこの問題続きがあり、更にこのあとどうなったでしょうかと出題。こちらについてのヒントで「誰のせいでこんなこと(びしょびしょ)になったと思います?」な太一さん。「…えっなんで俺が悪いみたいになってんの?」な友貴くん。正解は太一さんが友貴くんに反撃で、真冬にびしょびしょになった(自業自得)太一さんを心配しつつゲラゲラ笑いながら取り囲む面々と遠くから恐る恐る様子を窺っている友貴くん、みんなで面白がりつつこのままじゃ太一さん風邪引いちゃうしびしょびしょだしもう帰ろうの流れになるが負けず嫌いの兄の執念の火は消えておらず油断した友貴くんをとっ捕まえて引きずり海に放り投げて兄弟共々びっしょびしょ。※この動画は太一さんのFCサイトにて公開中なのでみんな見てね

ちなみにこの一連もう一段階オチがあって、寒さに震える太一さんを心配した創くんが自分のマフラーをかけてあげたんだけど帰ってみたらそのマフラー紛失してて、えっなんで!?と思って引き続き撮影されていた動画をあとで見てみるとフワッとマフラーが落ちていく瞬間がバッチリ収められていたという。

この辺で事前にお客さんから募った質問に答えるコーナー。ついさっき回収されたアンケートを目の前で集計する拓也くん。「なんか良い質問あった~?」って拓ちゃんに任せるすごいアナログ作業。

【Q.好きな役者さんはいますか?】

太一さん「ジョニー・デップ!」

【Q.目標にしてる役者さんは?】

太一さん「…じゃあジョニー・デップで」

【Q.共演してみたい役者さんは?】

太一さん「じゃあジョニー・デップで!」三段オチ

ロスのディズニー行ったときリトルマーメイドとかやってる水を使うショーのラインナップにパイレーツもあってジョニデの映像が出てきたのすっごい興奮した!俺パイレーツ大好きだから!と目を輝かせて語る太一さんの無邪気さ。

【Q.俺って大人になったなと思うときはありますか?】

太一さん「…すききらいがへった。食べ物も人も」
創くん「野菜食べるようになったよね」
祐也くん「シーザーサラダとか食べるよね」
太一さん「シーザーサラダくらい前から食えるわ」
祐也くん「うそぉ?」
太一さん「シーザーサラダくらい食えるし」
このくだりでシソは相変わらずダメとのこと。トマトは食えるけど好んで食わない食えるけど。シーザーサラダくらい余裕だし連呼の太一さんにそんなことないでしょって食いつく祐也くん。

【Q.今後挑戦してみたいことは何?】

太一さん「スカイダイビング!…あとカーレース」

創くん「全部死ぬかもしれないやつじゃないですか」

【Q.自分って変?と思うときある?】
太一さん「自分じゃわかんないよ。みんなどう?」
創くん「急。色んなことが。悪戯が多い。ホテルで朝四時くらいに急に血糊使って喀血ドッキリしてきたり」
太一さん「急に血吐いたら普通心配すると思うじゃん?この人一回逃げたからね?」
続き
太一さん「じゃあ友貴。ハイ」
友貴くん「えぇ~…なんかもう麻痺してきた…変なことされても全部ふつうに見えてきた、一緒にいすぎて…」
同じくだりでなおちゃんに「感覚人間」って言われて「…バカだってことですか?」って食いつく太一さんにすごい笑った。たしかその流れでだったと思うんだけど、なおちゃん曰く早乙女太一には嘘とか社交辞令とかそういった概念がないからこちらも全部曝け出さないと見破られる、みたいな話も。

【Q.最大の失敗はありますか?】
ドラマ信長協奏曲1話ラストの「信長って奴はどんな男なんだ」のところ、太一さん曰く2話のシーンと同日に撮ったらしいのですがドラマのスケジュール表の読み方が全然わからず2話撮る日に1話撮るって知らなくて2話の台詞ばっか頭に入れてて、いざドライ始まったときようやく様子がおかしいことに気付いて監督に段取り確認するふりして台本見せてもらって、でも台詞覚えてないとは言えないからその瞬間に台詞全部ブワーッて覚えて何事もなかったかのように1話を撮ったけどあのシーンは内心めちゃめちゃテンパってた、それが最大の失敗…という話。相変わらずとんでもねぇでございますねこの方。
その流れで信コンの話に。
祐也くん「創くんこまだの前の見てない?すごかったよ、偉い人の前でこんな(低い姿勢で脚を広く伸ばしたちょっと色っぽいポーズ)で」
太一さん「いやそんなんしてない。ふつうにこう(傅く)だよ」
祐也くん「いやいやこうだったよ~w」
太一さん「そんなんするわけないじゃん」
お客さん\そうだったよ(祐也くんに加勢)/
祐也くん「やっぱり!?だよね?」
太一さん「本人が違うって言ってるのに!?」 ちがわないのになぜ頑なに認めぬ

【Q.太一さんは体重とか気にしたことあります?】
太一さん「ないな~全然…ってか男ってあんま気にしなくない?…ああ拓也くんは気にするか」
拓也くん「」 ひどい
【Q.朱雀がスザクでもシュジャクでもなくスジャクなのはなぜ?】

一番口当たりがよかったから。「俺はわかんないですけど、つけたのざちょさんなんで」太一さん談。
【Q.23歳になって何か変わったことは?】

「なにもかわんないです」と安定の返しの太一さんにいやなんかあるでしょーと創くん祐也くんが突っ込んで「じゃあ逆に皆23のとき何してた?(友貴くんに)何してた?アッお前まだ23じゃねぇや」って肩払った流れが勝手過ぎて すき

恐らくこの質問コーナーで出た話だったと思うんですが(今年の誕生日何してた?とかかな…)、太一さんと祐也くんが誕生日当日だった一万年後も君は世界でいちばん美しいの金沢公演の日の夜に公園でストリートミュージシャンごっこをしていて、ミュージシャン役太一さん、お客さん役祐也くん一曲終えると次は配役交代してミュージシャン祐也くん客太一さんで一時間くらいずっとローテーションでやってるっていうよくわからない和みエピソードなども。

ある程度のところで質問コーナー切り上げて、今度は○×クイズのコーナーに。全員起立して事前に配られた○の紙と×の紙を掲げるよくある形。不正解したら座って最後に残った5人くらいにプレゼントあげるよというもの。普通にクイズに参加してたので内容あんまり覚えてないんですけど、太一くんは酒に強い、○か×か、という問題で本人的には正解は強い、なのにいやいやここに証拠写真があるから、とマックの店舗の前によくあるドナルドが座ってるベンチで潰れてドナルドに膝枕してもらってる写真登場。渋々強くないことを認めて正解は×というようなクイズたちでした。勝ち残った人達へのプレゼントは太一さんが使い古した舞踊用の扇子。贅沢。

ここでコーナー変わって手相占い師ゲッターズ飯田さんに太一さんの運勢を占ったもらったのコーナー。詳しい結果は忘れてしまったのだけどゲッターズさんにスケベスケベ言われまくってる太一さんをゲラゲラ笑ってる友貴くんが可愛かったことは覚えてます。

祐也くん「え、スケベなんですか?」
太一さん「スケベっていうけどそんなの皆スケベでしょ!?」w

ゲッターズさん曰く今後80歳くらいまで運気上がりまくりの早乙女さんはそもそも運の強い人だけど現在までその運は使ってない、という診断結果にやいやい言う祐也くん創くん。そして「運なんかでここまでやってきてねぇーよっ!」と反論。\拍手喝采/

そしてゲッターズさんからのアドバイスで「歌を歌って盛り上がるともっと運気が上がる」とのことで唐突にカラオケ大会開始。運気アップのためです。私感ですがわたし過去にファンイベントで歌った俳優さんは何人か見てきたんですけど、イベント会場にデンモクが現れたところを見たのはさすがに初めてでした。マジモンのカラオケ大会。

前年の忘年祭で踊ったことあるからとまずガラスの十代をセレクト。太一さんが「俺歌うからみんな踊りなよ、俺は踊りながらじゃ歌えないし」と男性陣に言うと友貴くんは端に引っ込もうとしてて、「いやお前がいないと絵面が悲惨なことになるだろ!!??」って必死に当時18歳の友貴くんを引き止めていた岩崎祐也さん(当時29歳)と久保田創さん(当時34歳)。

/とーまどーう♪(・ω・創ノノ゙パパンッ きーもちーで♪(・ω・祐ノノ゙パパンッ\

男性陣全員で大体2フレーズ毎にマイク交換して最後を歌った人罰ゲーム制にてのずっと好きだった。見守っていた感じから察するに拓ちゃんに罰ゲームさせたかったっぽい友貴くんがあえなく自滅。罰ゲーム内容はお客さんに決めてもらおう〜って太一さんが言うも誰も何も言わず。

太一さん「えーじゃああそこ(レストラン内)に池みたいなのあるけど、突き落とす?」
友貴くん「!!??」クレイジー兄
太一さん「どうしよ~あっじゃあFANTASTIC BABYでも踊りなよ」

ということでカラオケ音源でなく原曲流して(ちょいちょい太一さんも歌いながら)踊ってもらったファンベビ、拓也くんが裏から私物のサングラス持ってきてくれてそれを曲の途中で取るグラサンパフォーマンス(?)があったり、友貴くんの罰ゲームなのに結局最後は太一さんも祐也くんも一緒に踊ったしで大変贅沢なことに。

ファンベビ終了後太一さん「ごちそうさまでした(深々」
カラオケでどういう流れだったか忘れてしまったんですけどゆっくんも歌う?っていう話になっても本人ひたすら嫌がってて、「友貴はやばいよ、俺以上に音程取れないから。もうこれは仕方ないそういう家系だから」ってフォロー(?)してた太一さん。

最後の曲はGang★で、最後だし何歌うかお客さんに決めてもらおう~と客席に募る太一さん。過去踊ったことのある曲とか本人が好きって言ってた曲とかが結構上がるんだけど「いや~それはちがうな」「キーが高いから無理」とことごとく却下していく太一さん。この募集問答コーナーなんだかんだで5分近く続いたんですけど「じゃあわかった」とデンモク弄り出す太一さん。デンモク覗いて「おっエロいやつ来たね!」な創くん。そして流れ出したのがGang★だったんですけど、それ今まで誰一人として挙げなかった曲なのに独断で決めたな!?今の約5分の意味は一体!?!?wwwってちょっと振り回された感じすごい面白かったですし嫌いじゃない。Gang★歌われる太一さんはとてもセクシーでした。

などなどのことをして昼のイベントはシメに。このとき太一さんが「今後劇団にとって大きな変化があると思うんですけど」といったような話をされていて、特に気にも留めないでいたら夜の部のお話を聞いてそれが朱雀の解散を意味していたと知りめちゃくちゃにショックを受けたんですがそれはまあ置いておいて。

ご挨拶をしてお客さん一人一人と握手して捌ける太一さん。このあとは大衆演劇みたいに太一さん以外の出演陣が送り出し。お客さん全員にお土産としてFC特製の折り畳み傘が帰り際配布されたんですが、それを手渡ししていたのが友貴くんで。わたしの前にいた人が握手求めていてそれには応じてたんですけど視線が思いっきり次の折り畳み傘にいってるのを見たときうわこのひとめっちゃ好きって思ったんすけどまあそれも置いておいて。

最後に創くんに前日の神戸でのお芝居めっちゃよかったですの話をして数時間後解散の話を聞くとは露ほども知らず楽しい気持ちで横浜を後にしましたとさ。おわり。