読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思い出はいつも綺麗

後世に残したい現場備忘録、時々感想

※このブログについて

about

推しが尊いことを残しておきたい個人的な備忘録。

過去にtwitterなどに書き散らかした感想のようなレポのようなログのまとめです。今のところ劇団朱雀/早乙女太一さん/早乙女友貴さん周りの案件メイン。たまに他の話します。

個人のレポなので多少の齟齬はあしからず。少しでも何かお伝えできることがあれば幸いです。

twitter:@

ミツコの部屋vol.4〜つむ鴨ナイト〜@阿佐ヶ谷ロフト

つむ鴨

1/12 19:30~

f:id:edachan:20170117022403j:plain

twitterに書き散らした備忘録まとめです。個人の殴り書きメモからなので記憶違い等あると思われますがご容赦くださいませ。

当日の出演者は、

事前告知組:MC長友光弘(響)さん、村田洋二郎さん、青木玄徳さん

サプライズ出演組:荒木宏文さん、山谷花純さん、本間健大さん、鈴木勝吾さん、斉藤秀翼さん

※以下レポは各出演者の苗字敬称略になります。ご了承ください。

 

開場時間と共に自由に着席し各々注文開始。本日のつむ鴨特別メニューは荒木さんが書かれたそうです。恐らくこの絵は土方さん。たくさん集めよ!!

f:id:edachan:20170117022435j:plain

1時間ほど注文やら何やらでガヤガヤしていると開演時間に。YouTubeにアップされているつむ鴨ダイジェストを流して友さん登場。

長友:え〜本日は第2回つむ鴨ナイトにお越しくださいまして…

×ミツコの部屋vol.4

○第2回つむ鴨ナイト

この辺りで今日はいっぱい来るからね〜と今後のサプライズ登場ゲストがたくさんいることを匂わされました。

続いて「いつも最初に声をかけるのはこの方」と洋二郎さん次いで座長つねくん登場。出てきて早々なぜかゴング持ってて鳴らすつねくん

青木:これを何かしらで使おうと思って^^

村田プランもないのに持ってくんな!

今日も洋二郎さんのツッコミが冴え渡る。

村田:今日何も知らないで調べずに来て看板につねの名前があってびっくりしたんだよね。

青木:さっき気付いたんですか。

長友:忙しいからねぇパタリロやってたの知ってるよ。

フリートークからつね様あんまりこういう場には出ないよねやんないよね、の話に

青木:そうですね〜普段はファンの人かあとはガラスがあるところでしかやんないですからね〜\カ-ン!/ゴング

村田:なんだよ!?

青木試合開始ですからね! 

そしてここからサプライズゲスト。大人になったばかりの紅一点〜花純ちゃん登場。つねくんと花純ちゃんに挟まれる長友さん。

長友:顔の大きさが全然違うでしょ〜一応同じ人類なんですけどね〜。

青木:でも大きい方が色々と評価されるかもしれないですよ、何十年後かに。

長友:いやほら俺あと20年くらいしか生きないから…。

続いてアンサンブルのトルくんこと本間健大さん荒木さんの登場。荒木さんはテンションがお低い。

村田:あらやん寝てた?

荒木:ちょっと今(楽屋で)刀剣乱舞やってて…

お客さんのオーダーが出演者のギャラになりお客さんから出演者へ差し入れオーダーのできるロフトシステムに真っ先にお客さんからつねくんにだけジンジャーエールの差し入れが。つねくんにだけ。

長友このイベントミツコの部屋だよ!?

村田俺こいつらの上司なんだよ!?

メニュー執筆担当されたという荒木さん。特別メニューの説明で会津のワインも今回は赤2種類用意していて〜のくだりで

荒木ぼくがつくりました^^手絞りで^^

村田:しれっと嘘を言うな!せめて花純に作らせてあげて!

そんな話もしつつ阿佐ヶ谷ロフトの通常メニューをご覧になる荒木さん。

荒木キーマカレー!豆乳アイスも頼む〜あ〜ガトーショコラ食べてぇなぁー!

村田:初っ端から媚びるのやめよ?

青木:最初っからデザートっすね。

一息ついて、

荒木で、これ何するイベントなんですか?

500円以上のメニューを頼むごとに抽選券が1枚もらえてイベントの最後に抽選会があるというご説明。当たった人には寄せ書き色紙などプレゼントの話で、

長友:あともし今日つむ鴨のDVD持ってきてる人がいたら…

客席\えぇ〜〜!(そんなん言ってくれないと持ってきてるわけないの意)

長友…おめでとうって言ってあげる♡

青木:今反応聞いて答え変えましたね?

ここいらでみんなで乾杯。

荒木:じゃ、何しましょうか?ビンゴ?

長友:何の賞品も用意してないよ。

青木用意してないのにビンゴやります?

荒木:前は何やったんですか?つむ鴨の話?じゃあもういいか。 (よくない)

つむ鴨のDVDみんな手元に届いてる?みんなもう見た?の話長友さんと花純ちゃんは見たそう。

村田:弊社はDVDがもらえないことがありましてですね。倉庫に眠ってることがよくあるんですよ。

長友:昨日がDVDの発売日でしかも光司くんの誕生日ですから合わせたんじゃないかってくらいの。だから僕おめでとうってメールをしたんですよ光司に。

青木キスした仲ですもんね。

長友:そう、もう他人じゃないから。そしたら『期間限定相方より。メールくれるなんて惚れてまうやないか〜い!』って返事来たの。

青木:うーん、色々と違いますね!

★座長にとっての「つむ鴨」とはどういうもの?

青木:いや〜それはいきなり重い話になりますけど。

長友:初主演なんだよね。

青木:そうなんです、初主演なんですけどDVDのブックレットの僕の誕生日日付がちがっててということは僕はまだ東映ビデオさんに主演として認められていなということかなって。

長友さんがまたもののふシリーズで主演やったら直してもらえるよ!と言うといや〜もうさすがにないでしょ主演は〜って返すつねくん。

青木:集まった奴みんな男臭かったですしね。

長友:キャラが濃かったよね。

青木:長友さんを筆頭にね。そんな男臭い中で花純紅一点としてどうだった?

山谷:最初ぼっちだったんですけど、長友さんが話しかけてくれて。みんな自由ですよね、今日も時間間に合ってない人いるし。

長友:花純の初舞台がつむ鴨で良かったよね。

この先もっとお客さんが4人とかの舞台やって揉まれてほしい〜などのやんややんやに、

荒木あっ、よーじろーさんにおかわりを〜 (唐突)

青木:この差し込み方ですよ。

ここで花純ちゃんにお客さんからドリンクの差し入れ。依然薩摩会津のツートップには差し入れ来ず。

山谷:ごめんなさい容保様!

村田:いいんだよいいんだよ。

さてここで会津ワインと薩摩焼酎どっち飲んでる人が多いの?会津の人〜!と挙手を取るとワイン飲んでる人が多め。

青木:てことは会津派閥の人が多いってことですね?(ニヤニヤ

いやそんなことはわからんぞ挙手でみんなどっち派か聞いてみようのアンケート。薩摩の人!

長友:薩摩少なっ

その後新撰組派という後出しの選択肢が出てきてプチブーイング。

村田新撰組会津の子みたいなもんだから

この時点で出演メンバーも会津新撰組ばかりだったし薩摩としては寂しいですよねじゃあ長友さんは薩摩の誰に来てほしい?の話。

長友:やっぱ大地かな、あの子も元々薩摩藩だから。

青木元々薩摩藩で新政府に寝返って仲間撃ち殺した人ですね?

この辺の真面目な話の続くなか突然荒木さんが豆乳アイスあんじゃん!とマイクオンで発言。

村田:言ってもいいんだよ、いいんだけどね、そういうのはマイク通さないで?

荒木:スミマセンッ

 

★と、ここで勝吾くん到着。

鈴木俺来たのにさっき薩摩来てほしいみたいな話してたから出にくいっすよ!

荒木勝吾なにのむ〜?

青木:このタイミングでね。

荒木さんのフリーダムマイペースぶっこみに青木さんが突っ込む図。すき。

勝吾くんやってきて人数が増えたところでステージ上は出演者7人横並びで何かしら食べてる絵面に。

青木:僕ね、今モニターで見て気付いたんですけど僕たちキリストの絵みたいなってる。最後の晩餐

ここでお客さんから荒木さんにガトーショコラふたつ差し入れ。

荒木:いいんですかー!わーいわーい、これみんなでたべていい?いいの?ありがと〜。

もぐもぐ荒木さん。を見てるつねくん。

青木:もうね、この人マイクも持ってないんですよ。

長友:彼は人間として欠陥品だから…。

ゴング\カ-ン!/

そういえば真面目な話をしていたので話題を再開したい。

長友:あらやん喋れる?まだ食べる?喋れるね?あらやんにとってつむ鴨とは?

荒木:…二作目( 'ω' )。いや、もののふシリーズが続いていくことが俺にとって大事なことなので、二作目があるっていうのはすごく嬉しいんですよ。

荒木:(もぐもぐ)

青木:終了です!

お互い別現場だったのに長友さんと荒木さんが大阪でごはんした話。つむ鴨チームで行ったお店にまた行ったとのこと。

長友:おいしかったよね〜。

荒木:プリンがね〜。

青木:あれぇ〜お好み焼き屋さんの話じゃないのぉ!?

長友さんと荒木さんは会うと女子会みたいな話しかしないらしい。

長友:あらやん今日の白いモコモコの服かわいいじゃん〜♡

荒木さんの元にご所望の豆乳アイス到着。

山谷:スイーツだらけじゃないですか荒木さん!

お客さんから届いた差し入れがガトーショコラとごぼうチップスと白米と豆乳アイス。おかずなしの白米オンリーを持ってる長友さん。

青木:もう神様みたいになってる。ちょうどキリストの位置ですしね最後の晩餐

キーマカレーも来た。キーマカレーもぐもぐ荒木さん。

荒木:からい!

長友:あらやん辛いのダメだもんね。とつむ鴨中に辛くないカレーを食べに行った話。

鈴木:俺W(辛さの度合い?)食べた!

荒木:マジで?おれはからくないやつ〜。

村田その話は扉の向こうでやって???

 

★この辺で秀翼くん到着

出演者が増える度に端っこの洋二郎さんが追いやられてフレームアウトしていく仕様。秀翼くん何飲む?と聞かれ

斉藤:えーと、遅れちゃったんでさしあたってアイスコーヒーください!

先ほどから厚切りベーコンが食べたい食べたい言ってたつねくんにご所望の厚切りベーコン到着。しかも二皿いっぺんに来た。

青木:えーっいいんですか!くれた方誰だろ〜厚切りベーコンの方!(客席見渡しつつ)

このあと何度もつね様宛てに厚切りベーコンが届いたんですが喜びつつも「厚切りベーコンばっかり来る!」なつねくんに「“ばっかり”はやめなさい!」な洋二郎さん。

話は変わりまして。

村田:昨日ね、伊崎龍次郎くんに会ってきたんですよ、彼の出てる舞台観てきて。そのときは挨拶できなかったんであとでLINEで明日つむ鴨やるよ〜って送ったら『いってらっしゃい!』って返ってきてね。んでそのあと、俺が今度やる舞台見に行きたいって思ってくれたみたいなんだけど、『洋二郎の舞台観に行きたいです!』って来てね。俺は『お、おう…』って返したの。そしたら『(笑)』って返ってきて!アイツわざとやってる!ついに俺を呼び捨てにするように!

お芝居で誰と絡んだかの話。花純ちゃんはあんまり会津以外の人と絡めてないよねの流れで、

山谷:荒木さんともありますよ!私襖開けました!

荒木:あけてくれたね〜(ニコニコ

この流れで長友さんがOPの土方さんがめっちゃかっこいいっていう話。荒木さん曰く殺陣終わりに袖中で林田くんが鞘を荒木さんに渡してくれるそうなのだけどそのときに片足ついて傅いて渡してくれるとのこと。袖中でも林田くんは島田魁として土方さんを演じる荒木さんに接しているというお話。

 

★好きなシーンある?

青木:僕ですか?…賢也さんが踊るシーン…。

長友ダンシング賢也ね

青木:あと千秋楽の内海さんのローラースケートですかね。

長友:あれ出てない俺らは袖で見てたんだけど、みんなで『光司くーん!』って呼んでたの。するとこっち見てくれるのよ、もう『キャー!』って。

村田:さすが生まれついてのスターですよ。

好きなシーン続き。厚切りベーコンを食べながら。

荒木:びゃっこたいが(もぐもぐ)じがいするってゆうきがいってしょうごがないて(もぐもぐ)

青木:今完全に平仮名ですけどね僕の耳には。

荒木:(飲み込んで)俺とつねは知ってるんで、白虎隊を。急にトーン変わる

その後に近藤さん俺は続けるぞって言うのも、姿は見えてないけどそういう土台としてあってくれるから嬉しいみたいな話…。

 

青木キーマカレーおいしかったですよ!

荒木:でもね!しらす丼もあるよ!

青木:『でも』が繋がってへん!!

村田しらす丼江ノ島行け!!!!そんで長友!年上だけど!!アンタのイベントだ回せ!!!あと秀翼!!!(DVDブックレットの挿入歌歌詞を)読むな!!!!

秀翼くんが読んでた歌詞の話から。

青木:ああ、あのラストがすごいっていう歌。嘘なき一日?ってどんな歌だっけ。

客席\えぇー!?/

荒木:タイトルだけじゃわかんないんだよ~。

青木:あ〜あの、白虎隊の?お酒の?あれね!あれは良い歌だ!ねっ!

荒木:…

青木聞いてへんやないか〜い!

そんな「嘘なき一日」が流れる酒宴シーンについて。

長友:あれは良いシーンだ。

鈴木まあ俺は寝てるだけなんですけどね。

長友:そんなことないじゃん!負けたくねぇがあるじゃん!ハリウッドでも通用する負けたくねぇが!

鈴木:あのシーンみんなに悪戯されてて。友貴に抱かれて介抱してもらってるんですよ、トントンって。稽古場でもトントンだったのにアイツ途中から胸揉み始めて

青木:胸揉まれながら負けたくねぇって?

鈴木:何に勝つんだよ。アイツちょいちょい悪戯してくるんすよね、しかもそれ見て花純が『私もやる!』って。

山谷:(*^^*)

この兄にしてこの妹あり

★お客さんからの質問

お客さん:サイトウさんの…

村田:ちょっと待って、どっちのサイトウ?うちサイトウが二人いるんだけど。

斉藤(秀):そうなんですよそれずっと紛らわしくて!楽屋でも斉藤なのか斎藤なのか村田新八なのか村田洋二郎なのかわなんなくて!だから統一しましょう! 今?

秀翼くんの今日の服装が浪人生みたいだっていう話から、

村田(洋):じゃあ秀翼は勉三さんね!つねは〜サイトウちゃん?

青木:いやおれは青木玄徳っていう名前なんですけど。

改めて質問の内容は「カットされたという斎藤一村田新八の殺陣はどういうものだった?」という。台詞は「お前とやり合う気はないんだけどな」「俺もだよ」だったそうな。

斉藤:稽古場でカットされちゃったから大千秋楽でやろうと思ったんですよ、やるなら今しかないって。じゃあやりましょうかー!ってつねさんと殺陣合わせて確認したら三手目で止まっちゃって( 'ω' )だからやめました。

これもあったら2001手じゃ済まなかったねよね、だって2〜30手くらいあったもんね、とのこと。

青木:俺端から端まで動いてたし。まあ時間オーバーするっつってソッコーでカットされたんですけど〜っていうかまああの殺陣ついたのが結構最後のほうで!俺そこまで結構動いてるんでしんどいなと思ってたんですよ。だからカットされて嬉しかった( ´ω` )

斉藤:俺はやりたかったんですよ!でもつねさんめっちゃ窺ってくるんすよ、『俺はやんなくてもいいけど、やる?』って。

青木:なくなってくれて本当にありがたかった( ´ω` )

その新八とのシーンがなくなった結果斎藤一は新八以外の全員と絡んでるという話。

青木:あとほら、あの、役名出てこない、西田さん…じゃない。

村田:出てたらびっくりするわ!

結局つね様がどなたと西田さんをお間違えになられていたのかは謎のまま。

この辺で勧告状貰うときのつねがいいんだよ〜という長友さんの話。

長友:つねがすーげぇ睨んでくるから。

村田:あの目力でね。レーザーポインターで。

青木:作品が違いますけどね。しかもあれ見ると男性が男性を好きになってしまうんですけど。

長友:まああながち間違いではないかな!

青木あ〜負けたくねぇ〜!

鈴木:ちょっと!

ここいらで秀翼くんが唐突にゴングに触り始めて「ゴング鳴らしたい…(ˊᗜˋ*)」言ってたのだいぶ可愛かったです。

ふたたび好きなシーンの話。

山谷:私は勝吾くんが『捨松だ!』って言うところです。いつもあのシーン袖で見てて。

長友:マイライフ…のとこね

鈴木:佐川は結局想い伝えられなかったんでね。あそこに籠めるしかなかったんです。

 

長友:そういえば俺聞きたいことあったんだけど、オープニングのあとのカジノの…。

青木:あ〜ベガスのね?

村田:ベガスじゃねぇよ!!!マカオでもねぇよ!!!!(こたえ:博打)

藤田五郎殿がベガスでカジノするあの冒頭の佐川さんが歩いているシーンが結局何時代なのかよくわかってない、と長友さん談。明治で西南戦争の前だよ〜と解決して佐川さんがあそこを歩いてる話に。

山谷:私も歩いてますよ!

長友:うん知ってる。

荒木:僕も歩く予定だったんですよね、千秋楽で。西田さんに何したい?って聞かれて。追加するなら歩くくらいしかないなぁ〜って。やりませんでしたけど。

明治のシーンで花純ちゃんの写真を撮ってるのは実は伊崎くんだったという話。

山谷:そうなんですよ!初めて龍くんと絡めて!

鈴木:あれ官兵衛は気付くんですよ。歩いてて、さきの面影を追うというか。似てるな?いやまさか…っていう小芝居を一人でしてました。

薩摩の団体芸の話。伊崎くんが戸惑ってた回は薩摩で打ち合わせをしてた回らしい。その打ち合わせも段々開演5分前とかになって、てことは開演より先に出番のある秀翼くんにとっては開演2〜3分前だった。

村田:うわ〜薩摩についた人間大変だなァ!

という話をしていると荒木さんが音もなく立ち上がり捌けようとする。えっ何?どうした?あっトイレ?トイレね…自由だね…じゃあみんなもそろそろこの辺で休憩にしよっか! そんな感じで荒木さんのお手洗いのタイミングと共に全体休憩に入りました。

 

休憩から戻られた長友さん:ここで残念なお知らせなんですけど、凌が来たいって言ってくれてたんですが来られなくなっちゃったみたいで…。 なんと

戻ってこないツッコミ担当洋二郎さんがいない間につねくんが長友さんに昨今のお笑いの話やM-1の話を振って興味深く聞いている。

青木:あー聞いてよかった!これは聞いた俺も褒めてくれ! \拍手喝采/

荒木:なんのはなし?

青木M-1ですよ、見ました?

荒木:あ〜みてない~。

青木:見てないんかい。

荒木:おれねぇアニメしか録ってないんだよねぇ。

青木:あー…。

長友:彼は特殊なので…。

引き続きお笑いの話。

青木:ネタってゴースト(ライター)とかっていないんですか?

荒木:それいたとしてもここじゃ言えないよね。

まだまだ続くお笑いの話。つねくんは銀シャリさんがお気に入りの様子。洋二郎さんも途中戻ってきて突っ込んでくれるかと思いきや乗っかってもうしばらくお笑いの話。つむ鴨ナイトもといお笑いナイト。話がだいぶ盛り上がったところで

青木:めーっちゃおもしれぇーっ!アッハッハ!

村田\カンカンカン!/ ゴング

~お笑いナイト・完~

 

お笑いトークも強制終了したところで

みんなでつむ鴨DVD見よう〜!のコーナー

映像再生始まってすぐの頃青木さんが荒木さんのほうを見てだいぶ笑ってる。何どうした?と窺われると「ちょっとあの、あとで言いますね」とニヤニヤなつねくん。後述。

それはそうとド頭で出てくるアコーディオン背負って出てくる秀翼くんに、

長友秀翼のトイレ待ちで押したときあったよね、何回もあったよね。

斉藤:何回もはないわ。

青木:まって、あれモニターかと思って見てたら非常口(の看板。青いものだったのでつむ鴨冒頭の映像と色味が似てた)や!

鈴木:たしかに色似てるけどな!

つねくんの唐突な見間違え報告はさておき秀翼くんは毎日アコーディオン持って帰って練習してたそうな。昨日まで練習してた曲を西田さんが急に変えてしまうと。変えた上で西田さんも「できんの?」みたいな物腰でくるから秀翼くんも「あ゛?やってやんよ」ってなるらしい笑。

この辺で半さんを見ながらみんな大好きな凌くんをいじりまくるくだりがあったんですが文章では本当に悪口になりかねないので割愛。ただここで映像見ながら「ホントだ!」って言ってた花純ちゃんのTHE悪気のない顔めっちゃ可愛かったです。

引き続きDVD見ながら。冒頭土方さんに会津に残れって言われて「土方ァッ!」と食ってかかり静止する斎藤つねくんの左足の角度がめっちゃ好きな洋二郎さん

村田:これ!ここ!きれいな45度!倍にしたら90度!(?)

青木:これでグッズ作りますか。

村田斎藤一分度器とかどう?

長友:つね脚長いのよ~。

鈴木:板の上に立ったときのつねさんのスタイリッシュなね~。

そのままさっき長友さんが好きって言ってた土方さんのシーン見ようよとオープニング開始。薩摩組のところで晋介が出るや否や「コイツが俺のこと呼び捨てにした奴ですね!」な洋二郎さん。島田くんから刀受け取って微笑み戦の中に消えていく土方さんのシーンに会場のボルテージは最高潮に。

長友カッコイイー!アラキィーッ!

鈴木(立ち上がって)ヤバいッスねー!!! 大興奮

山谷おちついて! 冷静

ちなみにオープニング雨上がりのまほろばで2番での薩摩集合のシーンは大久保さんがセゴどんに引き算?ひらがな?を教えてる様子だそう。何回も間違えて最後にやっと正解して、でもそれは思い出で寂しくなる、というお芝居だそうです。

長友さんからの土方さんのシーンもう一回見よ!みんな気持ち作って!の音頭で巻き戻して例のシーン再び再生。再びスタオベの勝吾くん┗(^o^ )┛のポーズ荒木さんもガッツポーズ

ここで長友さんに林田くんから連絡が。来るつもりでいるけど間に合わないかもしれない…という連絡。

長友じゃあ航平来た瞬間に終わらせるから!

村田:逆に考えて、来ないと終わらないからね!

林田くんの名前が出たところで洋二郎さんが彼にダメ出しをしたという話。OPの島田くんの「戊辰戦争の終結です!」のあと流れてる曲の歌詞が「終わらない」って入ってくるから、戊辰戦争が終わっても斎藤一の人生は終わらないということを現せるようにしろ、とアドバイスしたとか。

OPで騒いだあとみんなどこ見たい〜?ってちまちま早送りしてるとつねくんから「大地の君が代聞きたい!」のリクエスト。

斉藤:これさぁ地声でやってキー届かなくて裏返ってるのが良かったのに途中でファルセット使い出しましたよね~。 

青木:ある日西田さんが役者の体の心配してたんですよ。珍しく。どうしたんだろうと思ったら『大地の喉もキツそうだし…』とか言ってていやそれアンタがやらしたんや!と思いましたね。

早送りしてるとつねくんの大好きな賢也さんのダンスシーンに着いたので再生開始。ほらトルくんも映ってるよ!と。会場中手拍子。

斉藤:このあと賢也さんに近付かれて寡黙風な友貴が『ぐふっ』って笑うのがいいんですよね。途中から諦めてましたからね。

ちなみにこのダンスの振付も選曲イメージもすべて賢也さんが担当されたとのことでした。

続いて土方vs半次郎シーン見つつ土方さんの殺陣の話に

青木めっちゃカッコイイやんけー! 大興奮

青木:これ土方に斬られて死んだら閻魔大王に自慢できますよね。俺は土方に斬られて死んだんだー!って。

斎藤つねくんの「やれやれ」が大好きな花純ちゃん女子ならわかりますよね!?って会場と団結してわざわざ巻き戻してやれやれのところ見直してみんなで盛り上がってたら男子ぽかんでじわじわ面白かった。「女子はこれがいいの?」って言ってたのは長友さんだったかな。

さきちゃんと佐川さんのシーンに洋二郎さんが「ボインのシーンね?」と。件の前回ミツコの部屋での勝吾くんの失言wは花純ちゃんの耳にも届いていたようで(しかも改めてそうでもないとか言われてひどい!って同情されてた)、

山谷:ほんとそうですよ!さいてー!勝吾くんやだ!

負けたくねぇを見たいよね、と酒宴のシーンまで早送りそれで官兵衛お前ちゃんと告ったのかよ〜」のとこ容保様の「(σ ゚∀゚)σ ヒュー!」に続いてお客さんもみんなで「(σ ゚∀゚)σ ヒュー!」できて一緒に佐川さんを冷やかせた。

村田:みんな覚えてんだね! もちろん

映像でワイン一気飲みする佐川さんと同じタイミングで勝吾くんもワイン一気飲み。

村田:こっちの官兵衛さんは?潰れ〜?

鈴木ナーイ!!!

そのまま映像では倒れこんだ佐川さんを介抱する山川のシーンに。

村田:これが例のチチ揉むシーンですね?

山谷(映像見ながら)あっ揉んだ!

酒宴の奥で土方さんから白虎の鉢金受け取って数秒神妙な顔をした容保様はそれでも笑って、洋二郎さん曰く「斎藤が来てくれてたから笑った」と。それとこれとは関係なく今隣の長友さんが嘘なき一日の上パート歌ってるんですよねしかも小声で、と青木さん談。

お目当ての負けたくねぇまで見終わったところで、

長友:つむ鴨って良い作品じゃーん!

青木:あのすみません一個だけいいすか!荒木さんの枝豆の食べ方見てください!最初に殻だけ全部取ってスプーンで食べてる!

荒木:たべやすい

青木:食べやすいそうです!!!

つねくんは映像再生直後これを突っ込みたくて仕方なかったご様子。

 

この辺りでまもなく22時という頃合い。林田くんから「22時半に着きます!」という連絡が入っていたので抽選会しましょうかね^^といじわる言いつつ抽選会開始。抽選で当たる寄せ書きの色紙で秀翼くんの書くスペースにまで書いちゃった勝吾くん。

斉藤:勝吾のせいで僕のスペースなくなったんで4つくらいサイン書きます

抽選会もひととおり終わったところで林田くんを待たずして締める方向へ。公演も終わったしDVDも出ちゃったし次はどうしようね、どのタイミングでやろうかね、という長友さんに

村田M-1の話でもする?

青木(嬉しそうに)あれやりましょうよ!キングオブコントの誰が優勝するかって予想!

長友:いいけどキングオブコントは僕も出るんでね?

青木:ここで中継しましょうよ!

長友:そしたらテレビ出てるか負けてここにいるかのどっちかだよ!

っていう流れでまたお笑いの話し出すフリーダム座長つね様

村田\カンカ-ン!/ゴング

青木:使い方上手いなー!俺が持ってきたのに!

鈴木:えっ!?

青木:いや家からじゃないよ?

鈴木:あっそうなんだびっくりした。

青木…家からじゃないよ!( • ̀д•́ )

鈴木:もう聞いたよ!!

青木最後までめちゃくちゃにしてやろうと思って( -`ω-)

 

★ひとりひとり締めのご挨拶

荒木:たくさんの差し入れありがとうございました。最近引越しをしまして、まだ片付いてないのでごはんをちゃんと食べれていなかったんですね。

長友あらやんお腹いっぱいで眠くなってる?

荒木:久しぶりに栄養をいっぱい摂れました。片付いたらまた自炊しまーす。

この荒木さんの話につねくんが「僕も引越ししたいと思ってるんですけどいつがいいですかね?」と乗っかり花純ちゃんもお母様が上京されるとかで引っ越したいからどこがいいですか?と乗っかり。勝吾くんは真面目なお話で流れを遮ったと思いきや秀翼くんも引越しの話。

斉藤:僕は2年後に引越ししたいです、最近更新したばっかりなんで。

青木:いつでもいいんじゃないの〜?引越したいときに引越せば!

挨拶の洋二郎さんはつむ鴨上演当時掌から零れ落ちてしまうような出来事がたくさんあってとても辛かった時期だったと、それでもつむ鴨という作品が零れ落ちることなく掌に残ってくれて本当にありがたいと、そして引越しについてですが私同じ住所の3階から4階に引越しまして、それが現在のご自宅で、あとちなみに洋二郎さんは個人的に村田運送という引越しお手伝いをされているそうで本当に引越し業者からスカウトされたこともあると。トラック4トンくらい運転できるしビビるほど引越しが上手い、役者より向いてるかもしれない、皆の引越し格安で引き受けるからよろしく!と謎の宣伝で締められました。

 

そんな感じでゆるゆるっと終わりました引越しナイトちがうつむ鴨ナイト。 つねくんが捌け際に「俺旅見てね〜♡」って言ったら後を追った勝吾くんが「みるみる〜♡┗(^o^ )┓≡」してたのと荒木さんと秀翼くんの萌え袖が大層にキュートで和やかに終わりましたとさ。(どうやらこの後林田くんが到着されたらしく見られた人は見られたそうです)

 

f:id:edachan:20170117022437j:plain

追伸:長友さんのチキン南蛮めっちゃおいしかったです。たのしいイベントでした。長友さんの人脈とつむ鴨愛に感謝。

 

 

早乙女太一ファンクラブイベント2016@TOKYO FM HALL~夜の部

event

11/20 17:30~

個人的な話ですが去年はおもっきし抽選外れたので二年ぶりのFCイベント参加でした。


全体の流れとしてはツーショット撮影(太一さん不在の間祐也くんと友貴さんにインタビューした映像で場繋ぎ)→ファンからの質問コーナー→太一さんの周りのひとたちが出題するカルトクイズ→兄弟対決映像、でシメ。

太一さんをお呼びして早々のツーショ撮影の間の場繋ぎとしての「身近な人に普段聞けないことを聞いてみよう」の映像が流れます。これもっとフランクな質問というか、太一さんに関することを聞く企画だと思ったんですよね。身近な人代表祐也くんと友貴さんが太一さんについて語る場かと。だって太一さんのイベントだし。(って友貴さんもブログで言ってたけど笑)
でもそうじゃなくて、この企画の主旨は朱雀の解散を決めた早乙女太一が元劇団員は「今どうやって生きてるのか」を聞く企画だったことがまずびっくりだったし、そんなのこんな場繋ぎ映像でやっていいやつじゃないぞ!!と初っ端から半泣き。わたしが。

 

☆普段聞けないことを聞いてみよう☆

聞く相手その①祐也くん。 ただツーショ撮影中ということもあり会場もざわざわしてたしそもそも映像を撮影してる居酒屋がうるさいのもあってw、聞き取れないところが多かったのでFCサイトに動画上がることを祈りつつ聞き取れたところだけ…。

(FCツイが写真上げてたこのツーショ↓がそのとき)


太「心の準備は大丈夫ですか」
祐「大丈夫じゃないです」
【朱雀の解散から1年9ヶ月経った今あなたの「軸」になってるものは何か】という質問の祐也くんは、自分という役者、岩崎祐也という役者に商品価値を見出せるような、祐也くん以外の誰にもできないもので使いたいと思ってもらえる役者でいたい、みたいなお話をしていた。ニュアンスですみません。
【お互いの第一印象は?】
祐也→太一「道わかんなくてタクシーから降りたらバッタリ会って『ゆうやくん!ですか!』って言われた。首は白塗りだし顔も急いで化粧落としたって感じに白いバスローブで…」
太一→祐也「今と違って髭も薄かったし爽やかでもっと清潔感がありました」 ひどい
【手に入れたい能力は?】という質問に「まず殺陣ができて…女形ができて…」って指折り始める祐也くん><
そしてこの辺りからわたしのリスニングスキルが会場と居酒屋の騒音に負けてしまった…このあと何も聞き取れなかった…動画をあげてくださいFC様…!
ただ話の途中で太一さんがおもむろに目薬を点し出して「キタァ〜〜〜〜!!」って織田裕二風大声出したのはおもしろすぎて聞こえました。FC様テロップ芸がお達者でいらっしゃる笑
ツーショ撮影終了後の太一さん曰く「祐也くんと何話したのかは正直全く覚えてない。前の日4時半起きで3時まで飲んでて、それから帰って寝ずにシャワー浴びて夕方撮影行ってそのまま祐也くんに会ったので…祐也くんの言葉は全く俺に入ってない」 ひどい!!w

普段聞けないことを聞く相手その②友貴さん
個室居酒屋っぽいお店で兄弟隣同士並ぶもただただ無言のふたり
太「……」
友「………」
太「……元気ですか」
友「元気です」 気まずいか!w
この兄弟の気まずい無言映像を流したあとに事前にこの企画どうなると思いますかインタビューをそれぞれに聞いててこの間に流す太一FCさん様わかってるすぎる。無言状態に「…」のテロップ笑
早乙女兄弟二人っきりトーク事前インタビュー太一さん「生まれてこの方二人で喋ったことほぼないです。全然話進まないと思います。でもまあ友貴が成長してればもしかしたら盛り上がるかもしれませんね。あのひともハタチになったわけですし。楽しみですよ」
早乙女兄弟二人っきりトーク事前インタビュー友貴さん「(二人で話すことってあるんですか?という問いに)二年くらい前に定食食べに行きました。家に呼ばれたら定食屋行くぞって言われて。(楽しみですか?)嫌です!だいたい話すことなんかないし」 という一連を語る友貴さんはとても笑顔でした。
無言部分を流しこの事前インタビューを流し「果たして会話は続くのか…!?」みたいな煽りテロップで本編に繋げる動画構成ちょっとおもしろすぎてずるい。
【解散して1年9ヶ月経ちましたが…】という祐也くんにしたのと同じ質問を読み上げる太一さんはストローをマイクに見立てていちいち友貴さんに向けるわ自分にも向けるわこまかい。ずっとやってたこれ。ずっと二人とも敬語。
太「1年9ヶ月経ちました。はやいですね」
友「はやいですね〜…」
太「今の軸になるものはなんですか」
友「軸は自分です」
太「やっぱり舞台ですか」
友「舞台です。舞台メイン」
太「それはなぜかと聞きました」
友「ずっと舞台をやってきたから、やっぱり今は映像より舞台で学ばないといけないものがたくさんあるので」
太「なるほど、自分磨きをしていると」
【手に入れたい能力・スキルは何ですか】
友「スキル…」
太「例えば俺だったら脚本が書けるようになりたいんですよ」
友「…演出…ですかね」
太「なぜ」
友「この前初めて自分で演出構成をやってみて、大変さが身にしみて」
太「…目にしみたんですか?」
友「いやいや身!身!」
太「自分の演出でどういうものを作りたいですか」
友「今までやってきたものじゃないような…」この辺で聞き取れず
太「それが完成するのはいつ頃ですか」
友「三年後くらい…」
太「三年後ですかぁ、それは僕的に困りますね」
友「えっなんで」
太「僕もそれくらいを目安にしてるので。スケジュール被ったらどうします」
友「いや、関係なくない?別々の現場なんだから」
太「例えば一年のうちの残り二ヶ月で自分がやりたいものをやるとします、それが俺と被ったら」
友「…それに僕が出るってことですか」
太「もちろんですよ」
友「オファーしてくれるんですか」
太「オファーじゃないです」
友「オファーじゃなかったらなんなんですか」
太「再結集」
友「でももしその段階で俺のが話進んじゃってるなら途中でやめられない」
太「まだ何も決まってないとして」
友「決まってないんですか、…だったら僕のを遅らせます」
太「遅らせてくれるんですか」
友「遅らせますよ」
あなたの夢、目標はなんですか】
友「…(悩」
太「(すかさず)沖縄生活ですか?」
友「沖縄生活もしたいですね」
太「ほんとですか!(振っといてマジ驚き」
友「いずれ通うようになりたいです。沖縄から仕事しに行きたい」
太「ハァー!(聞いといてマジビックリ」
〜それはさておき〜
太「夢」
友「やっぱりいずれは海外に出たいです。海外で公演したい」
太「それは目標ですかね。夢なら?」
友「ハリウッド映画出たいです。50、60くらいの頃にでも。そのためにも英語覚えないと」
太「本当ですか、僕もちょうど英語の勉強してるんですよ。やってみましょうか」
友「えっ」
太「Hi!」
友「Hi(苦笑」
太「Nice to meet you!」
友「Nice to meet you(苦笑」
太「……」
友「……」
太「Good afternooooo↑↑n⁈」
友「What!?w(困」
という謎英会話で早乙女兄弟がんばって歩み寄ろう企画はおわり。企画終了後もなぜかそれぞれの単独インタビューがありw、
友「腹割って…まあ気使ってたところもありましたけどw話せました。よかったんじゃないですかね」
太「話しやすかった!まあ今回は僕が聞いてる側っていうのもあるんですけど。よかったです」
ツーショ撮影終了後映像について語る太一さん「友貴とは…お互いいちばん成長したのは、英会話でしたね。こんなに成長したなんて…( ˘ω˘ )(しみじみ」
司会わたなべさん「もはやネイティヴに近かったですもんね」
太一さん「ええ。これはいつでも行けるな」 茶番!w

☆質問コーナー☆
ファンに事前に募った質問に太一さんが答えていくコーナー。冬についてとか正月についてとか2016年についてとか質問の項目があったアンケートでした。
前にも聞いた話だ〜ってメモしないでいたら完全にすっぽ抜けてたんですけど最初の質問は【スノボの魅力を教えてください】だった気がする。なんかこう忍耐力が必要でみたいな話。
【Q.冬の飲み物はコーヒー派?ココア派?】
太一さん「コーヒーもココアも飲まないですね」
司会わたなべさん「それ以外で何かあります?」
太一さん「ないです」
太一さん「ないです」 二回言った
余談
わたなべさん「冬は好きですか?」
太一さん「冬は好きです。寂しい感じがして。夏は消えてしまえばいい」
【Q.初日の出見たことあります?】
太一さん「ないですね」
司会わたなべさん「ちなみにお客さんで見たことある方は手を…あっあんまりいらっしゃらないですかね、ちなみにどこで…」
太一さん「…なんでそんなに広げようとするんですか?w」
太一さん「もういいと思います( ˘ω˘ )」
【Q.お正月は外で過ごす?中で過ごす?】
太一さん「外でひたすらスノボです。もうずっとスキー場にいるんですけど、友達が交代交代で東京から来るんですよ。みんなずっとはいられないので、日帰りとか一泊とかで帰って…僕はそれを毎日歓迎して…」 スキー場の主
【Q.友貴くんやあゆみちゃんにお年玉あげたことありますか?】
太一さん「いや…ない…?ない、ないです!ない気がします!」 ( ˘ω˘ )w
【Q.今まで貰ったプレゼントでいちばん印象的だったのは?】
太一さん「踊ってるときにタッパで貰った煮込みですかね…。においがすごくて」
【Q.誕生日にケーキは食べる派?】
太一さん「食べますよ。僕はいつもチョコです。不二家の。一時期ワンホールで食べてました」
【Q.友貴くんから誕生日プレゼント貰ったことありますか?】
太一さん「ありますよ。今年はないです」 逆に太一さんは友貴さんにあげたことあるんだろうか(後から聞いたお昼の部レポ曰く友貴さんは太一さんから誕プレとして「オロナミンCの蓋」をもらったことがあるそうです)
このプレゼント云々のくだりでだったと思うんですけど月の土地をプレゼントできるみたいな話になって「月の権利書もらったら嬉しいか!……いや気持ち悪いな」って一瞬で掌返した太一さん面白かったです。
【Q.将来ヒゲは伸ばしたい?役でヒゲつけてみてどうだった?】
太一さん「(信長燃ゆの信忠役でヒゲつけてみたとき)なんでかわかんないんですけどビッグダディにそっくりだったんですよ!武将なんで眉濃くして顔も黒くしてたんですけどなぜかビッグダディに似てて。…どういう質問でしたっけ?」
司会わたなべさん「将来ヒゲどうですかって」
太一さん「嫌だなって(^ω^)」
【Q.もしオリンピックに出場できるならどの種目で出たい?】
太一さん「う〜〜ん……フェンシング…ですかね……」
司会わたなべさん「おっ!やったことあるんですか?」
太一さん「ないですよ?( 'ω' )」
でもぜったいつよい
ふたがしら最終回どういう気持ちで演じてましたか?】という質問に「あれは強いから勝ったんじゃなくて、他のところで勝ったというのが伝わるように」「戦う前から精神が壊れた殺陣だったので精神的にもきつかったです」などなどのお答え。良い話過ぎて聞き入ってしまって詳しく覚えてないですすみません。
この話の流れで前提を説明するにあたり司会わたなべさんにふたがしら見たかどうか聞くとちょっとだけ見た…という答え。しかし話進むうちにどうやらちょっとだけも見てないっぽいことが発覚。
太一さん「なんで見たって言うんですか?(ニヤニヤ」
わたなべさんたじたじ
【Q.松山ケンイチさんと行ったという乗馬にはその後行ってます?】
太一さん「行けてないですね。実は僕…みなさん知らないと思うんですけど前に馬から落ちて小指折ったことあるんですよ。普段僕らが見てるのって上手い人の乗馬だからイケると思って練習しないで乗ったら『ア゛ー!!』って。だから怖かったんですけど、その話したら松山さんにじゃあ練習しに行こうって誘ってもらえて。馬と意思疎通するのが本当に難しいんですけど、最後には暴れん坊将軍になった気持ちで(^ω^)」
【Q.今年一年を漢字一文字で表すなら?】
太一さん「新」
新しい事務所入って新しいこといっぱいできたからって言ってたかな?
【Q.ふたがしらで板前シーンがありましたが普段から料理するんですか?】
太一さん「しないです。板前のシーンがあるよって事前に言われたんで練習したかったんですけど、もう撮影日間近で練習できなくて。だからあたかも練習してきたていで、本番で指切り落とす覚悟で。そしたら意外とできましたね〜」 指切り落とす覚悟
【Q.将来ハゲたら増やす?隠す?】
太一さん「全力で増やしていくと思います。ぼくのおとうさん見てればわかるじゃないですか、薄々…。薄々?ほら、薄々うすうすなので(^ω^)うすうす(^ω^)でもほら、僕の頃にはきっと科学も進化してると思うので大丈夫だと思います」
【Q.ハイローで使ってた青龍刀は普段の刀と比べてやりづらかったりしました?】
太一さん「とくに( 'ω' )ないです( 'ω' )ほんとなにも( 'ω' )ないです( 'ω' )」 だそうです
【Q.ハイローで久しぶりの共演の窪田くんとは何話しました?】
太一さん「いや、普通ですよ。夜何食べる〜とか。プライベートなことばっかり」
【Q.太一さんが今キャスティングプロデュースして何か作るなら誰を選びますか?】
太一さん「それは…今まさにやってる最中なので言えないんです、すみません。前より良くなったものを作ろうとちゃんと動いてるので。2018年くらいを目安に考えてます」 !!
【Q.東京のレストランで太一さんおすすめのお店ありますか?】
太一さん「おすすめのレストランはデニーズです」
質問者さん「特別なことがあったときに大切な人と行くようなお店は…」
太一さん「特別なことがあったときも僕はデニーズですけど…え〜困るなぁ……(しばらく考えて)目黒区の汐風ってお店は最近おいしかったです」
【Q.一つの作品が終わったとき無気力症候群になりませんか?なる場合対策は?】
太一さん「無気力症候群っていうのは寂しくなっちゃうっていうことですか?僕は常に無気力なので…( ˘ω˘ )克服しようと思ったこともないですし。終わってからも現場で仲良くなった人と遊んで、段々飽きてくるんですよ。そうなると自然と次にいけます」

>段々飽きてくる<

質問タイムが事前アンケートから挙手制に代わった辺りで「何聞いてくれてもいいですよ。昼なんか『FCやめようか迷ってます』っていうすごい質問もあったので。それくらい突っ込んでくれて大丈夫ですよ」という太一さん本人からのアナウンスがあったんですが
【Q.その質問についてどう答えたんですか?】
太一さん「一旦やめてもう一回入ったらいんじゃないですかね( 'ω' )って。みんなそういう気持ちだとは思うんですよね、色々動いてはいるけど皆さんには見せられないから。無理にいてくださいなんて言えないから、一回やめて、もしまた見たいと思えるようになったら入ってもらえたら…」
【Q.新しい事務所どう?楽しい?】
太一さん「楽しいですよ。自分磨きの場があって。ひとつも後悔してないです。でもそれって自分で作るものでしか証明できないので…」もう少し待ってもらえれば〜みたいなお話だったかと。
娘さんがいつか太一さんと同じ舞台に立つことを目標にしている親御さんからの【それを叶えるにはどんなことをしたらいいか】というのが最後の質問 これに「僕とは状況も違うと思うんですけど、お稽古は当然ちゃんとして、自分にできることをしっかりこなす。例えば僕は30歳までの5年計画を考えてるんですけど〜」と目標を叶えるための地道な計画を立ててそれを乗り越えていけば、みたいなお話 5年計画を立ててるっていうのがすごく感動したところだった。さすが太一さん。

☆カルトクイズコーナー☆
太一さんの身近な人たちから出題される太一さんにまつわるクイズに挙手制で答えるコーナー
わたなべさん「クイズに正解した人への景品はこちらの〜じゃがりこ!もちろんこちら、タイチサオトメとサインが入ってます!」
太一さん「しょーもない…」 w
第1問目出題者桃さん(杉田劇場でのズッコケ罪夏衣装w)
【太一くんが酔い潰れたのを僕達は見たことがありません。それはなぜでしょう?】
こたえ:お酒の4〜5倍の量のオレンジジュースを飲んでるから
太一さん「テキーラをショット1杯飲んだらオレンジジュースをコップ1杯飲むといいですよ」
たしかに兄弟対談でのお店でも太一さんの前にはオレンジジュースがあった(友貴さんはジンジャーか梅酒か何かかな?)
第2問目出題者蛭田さんからは【毎日すごく急いで太一くんを車で送り届けてた公演があったんだけどそれは何?】という問題があってまあ御察しの通りの遅刻厳禁新感線でワカドクロの話だったんだけど、いつもギリギリな太一くんが遅刻ポイントを貯めないように毎日レースのような運転をしてたとか、僕の仕事はなんなんだろうと思ってたとか、なんなら太一さんが貯めたポイント分の罰ゲームは蛭田さんが肩代わりしてたとかw 答え合わせ後太一さんからも当時勝地くんとか未來さんとかもやってた〜勝地くんは例の落ちた件で一発アウトで〜って話が出たんだけど、いや改めて聞くとそんな錚々たるメンツですら執行される罰ゲームが免除されてた太一さん…どんだけ…??wってなる、いや閉ざしてた時期なのは知ってるけど そんな そんなにか うける
第3問は横山さんから。
【太一くんと仕事させてもらうようになったのは2007年からで、あくまでもビジネスな関係として僕も二代目って呼んでたりしてたんですけど、そんな2007年からの付き合いで初めて太一くんに「ありがとう」と言われたのは何年のことでしょう。】
答えは2011年。11年の新春公演のときの打ち上げで初めて名指しで「ありがとうございます」と言われて「軽く泣けた」らしいw
太一さん「2007年って僕何歳ですか?9年前?って何歳?(教えてもらって)16歳。僕全然喋らなかったんですよね…2011年だと?何歳?(教えてもらって)ハタチですか。大体これくらいから喋り出したなぁ〜…って赤ちゃんみたい( ˘ω˘ )w」
このくだりお客さんから解答聞いても「ぼく答え知らないんで( 'ω' )」ってわたなべさんに丸投げする太一さんの太一さんっぷり。
そしてこの横山さんからの出題映像ロケ地が明らかに友貴さん座長公演in杉田劇場の打ち上げ会場なため横山さんの後ろに映り込む西脇さんの存在感がすごい(しばらくカメラに向かってなんか言ってわざわざおしぼりで顔隠した笑)
太一さん「西脇さんうるさいんだよなァ…」 w
第4問目再び登場祐也くん。
【ニダイメが僕(祐也くん)を呼ぶときは基本『岩崎くん』とか『祐也くん』ですが一時期別のあだ名がありました。それはなんでしょう?】
こたえ:当時チャリチョコにハマっていたという太一さんが「俺がチャーリーだ」と言ってその流れで(?)祐也くんが(青髭)ジョリー。チャーリー&ジョリーだった(??)。
太一さん「アイツひげ濃いんですよね( ˘ω˘ )」
最終問題は創くん(おもっきしあずみの清正様のかっこ)
【太一くんと二人でとある劇団さんのところに泊まったとき僕がやられた悪戯はなんでしょう?】
こたえ:吐血
創くんだけ熱湯orドリルor吐血の三択問題。正解が吐血なのは前に聞いたし知ってるけど熱湯もドリルも見たことあるぞ!!wと思っていたら「残り二つは板の上で太一くんにやられたやつでした〜☆」で済ませる創くんさすが訓練されている…AJT越谷の変化の駒太郎での「おしりドリルだ〜!」を忘れたことはないぞ…
創くんの出したクイズについて
太一さん「面白くないクイズ出しやがって…」
創くんの映像について
太一さん「きもちわるいな…」 いただきました太一さんのきもちわるい

クイズコーナーがひと段落すると「ここでもう一つ映像を見ていただきます」と映し出されたのはさっきの兄弟歩み寄り対談の個室にて兄弟の間に創くんが入っている図。創くんひとりめっちゃテンション高いにも関わらず兄弟は貫禄のローテンション。二人とも無の顔をしていた。
ということで始まったのが、
☆劇団時代は殺陣で戦ってたけど最近そういう機会が減ったのでここで久しぶりに戦ってもらおう!兄弟対決☆
のコーナー(正式なタイトルは忘れました)

12/28追記:このくだりの動画が太一さんのFC会員限定サイトにフルでアップされたので見られる人も見られない人も見られるようになってください。以下レポと動画で記憶違いが若干あるのであしからず。

今から色々なゲームで対決してもらいます。何も賭けないと本気にならなからね、罰ゲーム決めましょう、と提案したのは創くんだったかな?勝った方が負けた方をコーディネートするという罰ゲームに決定。決まるや否やお互いに「俺もう決まった」「俺もパッと浮かびました」と即決のため事前にコーデ内容を発表してもらうことに。

【友貴さんが太一さんをコーディネートするなら】
友「俺はスキニーを穿かせたい。この人普段絶対穿かないんで、スキニー」
太「…まずスキニーがわかんないんだけど」
創「ピタッとしたパンツ」
友「BIGBANGが穿いてるようなやつ」
創「色は?(ニヤニヤ」
友「いやもう色はね、黒!」
創「あっじゃあもう完全にオシャレな感じに」
友「そう。もしくはめっちゃ短い半パン」
創「wwww」
【太一さんが友貴さんをコーディネートするなら】
太「ふんどし(ド-ン」
太「あと刺青。俺が書く。全身に」
太「そのまま神社行って撮影する」
歪みねぇなこのひと( ◜◡◝ )

罰ゲーム内容の発表後、兄弟対決の勝負は五本勝負にすることが決まり、何で対決するかは「いいよ友貴最初決めて」と太一さん。
ということで友貴さんセレクトの第一回戦は絵心対決
手元のスケッチブックを使います。お題は「虎」。
自作について語る友貴画伯曰く「これはリアルな虎じゃなくて子供向けの、マスコットみたいな虎」とのこと。上手いっちゃ上手いしそうでないと言えばそうでないような絶妙な 若干しまじろうっぽい虎。
一方太一さんの作品は友貴さん曰く「ネコ!ネコじゃん!餌もらってないネコ!お題ネコだったら上手いだろうけど!」でまあお察しくださいな感じで判定のスタッフさん満場一致の友貴さんの勝利でまずは弟の勝ち!
第二回戦は黒ひげ勝負
じゃんけんで太一さん先攻に決まるも太一さん最初のターンで何本も刺す(またこの人黒ひげが飛び出す真上に自分の顎がくるような体勢で刺していて発射されるとアッパーを喰らうチキンレースを勝手に始めていてすごく太一さんらしい)からどう足掻いても友貴さんで負け確、と思いきや黒ひげの調子が悪くて友貴さんが思い切って差し込ん瞬間\カチッ/と音して「えっ( 'ω' )」な友貴さん。故障ゆえの引き分けと相成りましたw
三回戦がチョロQをテーブル上で走らせて落とさないギリギリのとこで止めるゲーム
「友貴先でいいよ」と優しく見える太一さんに「いやそれ俺でさじ加減見るつもりでしょ!?w」と鋭い友貴さん。そうは言っても「いいよ俺先で」と始めると友貴さんカーは良い具合に止まりさじ加減見たはずの太一さんカーは勢い良く落下。友貴さんの勝ちです。
四回戦は片足バランス対決で、二人立ち上がり片足上げて目を瞑って何秒耐えられるかの争い
よーいスタートで始まって早々ふらつき出す友貴さん盛大にお店の壁に後頭部ぶつけ「いでっ(バタッ」w
あっけなく太一さんの勝利。
ここまでで友貴さん二勝の太一さん一勝の一分けです。
最後の戦いはおなじみ(?)けん玉対決
あの尖ったところに入れたらオッケーのルールでオモチャの小さめのけん玉を使用。
先攻友貴さんは一発目で入りかけるも落ちてしまい、そのあと太一さんもずっと不調。幕末純情伝での石田先生のけん玉教室を見てる創くんは「友貴はうまいからね!」と煽るも両者なかなか決まらず。
一回目のあれ入ってたのにとぶつぶつ言い続ける友貴さんが七回目くらいでまた入りかけた状態になり「これもう入ったでしょ!入ったでしょ!」と少し揺するとちょこんと収まるけん玉にスタッフによる審議勃発。
それを横目に見た太一さん「そんな勝ち方でいいの?ほんとに?だってこれ体操で言ったらちゃんと着地してないんだよ?よろけてるんだよ?そ〜んな勝ち方でいいわけ〜?」と煽る煽るwwそれ聞いて友貴さんもじゃあいいよ完全に入ったら勝ちね!!!ってムキになるからこの兄弟大好き(大の字
ルール改訂入った直後、ここで今まで掠りもしてなかった太一さん「半ズボンは穿かない!!!!」と叫ぶとまさかの一発(ではないが)で完全に入って成功させてしまうw
成功者太一さんのドヤ顔と友貴さんの「今まで入ってなかったのに!」という抗議に「集中力の違いだよ」な太一さんカッケー!さすが持ってる男!!!
と、思ってたらそのあとまさかの友貴さんが成功させちゃってまさかのどんでん返しで太一さんが!あの太一さんが負ける!!すごい!!!友貴さんすごい!!!!イベント会場拍手喝采だったけどこの場に友貴さんはいない!!!!
あんなに「まあ俺負けることないから」とか「集中力の違い」とか豪語してた太一さんそこからはずっと無言でタバコを吸っていらっしゃった( ˘ω˘ )友貴さんうれしそうでしたね。というわけで友貴さんの三勝で勝負は友貴さんの勝ち!下剋上だ!

というわけで罰ゲームは太一さんに敢行されることに決定。
ここで映像が終わり、上映している間に席を外して裏で準備をしていた太一さんに「ではそのコーディネートで登場していただきましょう!」と呼びかけると同時になぜか流れるFANTASTIC BABY。
現れる白ニット黒スキニーとグレーのハンチングな太一さん。w
弟コーデに身を包んだ太一さん「もうほんとヤなんですよこれ〜だってズボンのチャックもボタンもしまらないんです(>_<)なんかZARA?で買ってきたみたいなんですけど…友貴がスタッフさんに電話したみたいで『このための服買うから15万くらいくれ』って…アイツはお金をなんだと思ってるんだ…!」
そんな感じでその格好のまま締めの挨拶の流れになるも「こんなチャックもしまらないのに締められないよぉ〜!」な太一さん。ニットの裾を一生懸命伸ばしてると司会わたなべさんから「そういう女子いますよねw」って突っ込まれてたのわらった。わかる

そのまま締めの挨拶をしてイベントは終了。我々が年内最後に見た太一さん(実弟コーディネート)でした。
わたしは太一さんと友貴さんというそれぞれに魅力的な役者が兄弟であることを何よりと尊んでいる人種なので、兄貴の顔してる太一さんも弟の顔してる友貴さんも見られたのが幸せすぎて色んな意味で楽しかったです。あのまま死んでも悔いはなかった。

以上拙い覚書レポですがここまで読んでいただいてありがとうございました。

劇団朱雀FINAL@ぎふ葵劇場9日目

2/14 12:30~/17:30~

劇団朱雀幹部候補生もとい副座長こと山崎銀之丞さんがゲストでいらっしゃった日です。

(昼夜公演ですが色々と錯乱していて深夜~翌日に一気にまとめて呟いたものなので一括します)

 

この日の一部ミニショーでの太一さんは夜桜とか雪深深とか(一曲目の写真今見返してそれは恋では?と思ったのですが調べてもちょっとわかりませんでした)。友貴さんソロもおそらくこの日までに既出のもの。

 

銀ちゃんを迎えて送る外題は「兄弟鴉」

ざっくりなあらすじとしては日頃些細なことに勝負しながら二人旅をしているやくざものの兄貴分の半次郎(太一さん)と弟分の丁次郎(友貴さん)。そんな二人が旅から帰ってきたところ悪い親分が自分たちの土地を乗っ取っていたのでそれをとっちめるお話。兄弟の一家のお嬢さんであるお藤ちゃん(あゆみちゃん)を兄弟で取り合っているものの実は丁次郎とお藤は既に恋仲で…という流れ。

お話序盤、半次郎丁次郎の親分(銀之丞さん)は病に伏せっている。親分曰く土地を乗っ取っている悪い一家をやっつけたどちらか一方がこの一家の跡を継いだ上で娘=お藤と一緒になってくれ、と。

オチから書くと悪い親分を仕留めたのは半次郎兄貴だったのだが、お藤ちゃんと想い合っている弟の丁次郎は跡目を継がないことにはお嬢さんと一緒になれないためどうしてもその首譲ってくれと頭を下げる。しかし兄貴もずっと跡目を継ぐために生きてきたので譲るわけにはいかない、という展開に。

譲ってもらえないなら仕方ない、と弟は「兄貴を斬ってでも」とドスを抜いて命のやりとりの喧嘩へと発展。しかし応戦する兄貴に弟は負けてしまった。頭に血の昇った兄貴が「俺がブッタ斬ってやるから往生しろ!」と刀を構えた瞬間弟は「お嬢さん!」と叫んで手を合わせ祈る。その姿を見た兄貴は冷静になり、冷静になってしまい、「たった一人の可愛い弟を斬ることなんてできっこない」と跡目を譲ってやることになります。

その際に交わされた兄弟のやりとりが早乙女兄弟というパーソナリティを通すとまたぐっとくる台詞で。「跡目を継ぐということは自分の幸せだけじゃねぇお嬢さんを幸せにすればそれでいいってわけでもねぇ、一家のことも、この土地の人たちの幸せも考えなきゃならねぇ、その覚悟がお前にはあるのか」「ああ、その覚悟ならできてる」「ツラ上げろ。…なんだァ、久しぶりにオメェのツラを見たら、随分良い男になったじゃねぇか」というようなやりとりでした。

とあらすじは一旦ここまでにして可愛い話をします。幕が開いてすぐ兄貴が上手花道から、弟が下手花道から同時に出てきて「なんだァあいつ遅いな!」みたいなことをハモるのが登場シーンなんですけど昼も夜もバラバラで。夜に至っては、

半次郎太一「台詞バラッバラやないかー!」

丁次郎友貴「兄貴も台詞間違えただろ!?」といった口論が(笑)

そんな半次郎兄貴と弟分丁次郎は色んなことを競い合ってはいつも引き分け。登場シーンも一家までの道を足比べをしていたんですが同着(バラバラだけど)だったので「なんだよまた決着つかねぇよぉ!」なんてわちゃわちゃ。兄弟は問戸を前に「じゃあ今度はお嬢さんで勝負だ!」ということに。

半次郎太一「お嬢さん…(俺達が旅に出る)一年前は可愛かったよなぁ…」

丁次郎友貴「可愛かったなぁ…」

半次郎太一「きっと今は…ちょっときれいになってるよなぁ…」

丁次郎友貴「そうだなぁ…」

などなどニヤニヤしつつ勝負の内容は玄関口から二人で同時に入ってどっちが先にお嬢さんに名前を呼んでもらえるかというものに。二人で同時に狭い戸に突っ込んでいって案の定詰まりながら「せまいせまいせまい」とかやってる兄弟。夜はそのまま挟まりながらわちゃわちゃして太一さんが「はいっジャンガジャンガ〜」ってアン●ールズして友貴さんが乗っかった。

しかし出迎えてくれたお嬢さんを二人で呼ぶと「二人ともお帰り!」って一括りにされちゃってまた勝負は引き分けてしまいます。そのあともお嬢さんが持ってきてくれた座布団やお茶を「俺が先に貰った」と張り合ってる兄弟。

座布団のくだりは普通の大きさの座布団を兄貴が先に貰って、あとの弟は掌サイズのちっさい座布団を渡される。

半次郎太一「ププーwwお前のそれ仏壇の前の『チーン』の座布団だろww」(ほんとに『チーンの』って言った笑)

丁次郎友貴「(ちっさい座布団に座って)あったけぇ〜!ケツの穴があったけぇ〜!」

この座布団のくだり、昼は特に何もしてなかったと思うんですけど夜の弟はそのチーンのちっさい座布団もらってしばらく(;`・ω・)つ←こんな顔で座布団に手を何度もパッと翳しては座布団が大きくなったようなジェスチャーをしていたんですがもしかして友貴さん座布団を魔法をかけようとしていましたね?

半次郎太一さん「あら〜かわいそう〜あっ俺の座布団こんなに大きいからちょっと余ってるよ?いいよ?座る?」

丁次郎友貴「座んねェーよ!!!!!!!!」

お茶のくだりは弟が先に普通の湯呑、兄貴はお猪口を渡される。

半次郎太一「いいんだよ俺猫舌だからお猪口でちょうど良いんだよごちそうさまでした!!!」

丁次郎友貴「あ〜おいしい〜…ア〜〜おいしい〜〜〜」

半次郎太一「味わってんじゃねーーよ!!!!!!」

この辺おおまかに決められた段取りと台詞ではあるはずなんですがほぼほぼ早乙女兄弟がその場で繰り広げているアドリブ。ぎゃんぎゃんしてる二人が良い。

親分の銀ちゃんは脳溢血で倒れてしまったとのこと。娘であるお藤さんの手厚い看病で命をとりとめてここまで回復したらしいです。

半次郎太一「お嬢さん、どんな看病をしたんで?」

お藤あゆみ「ダンダンズバ体操よ」

半次郎太一「…っwwそれはまた随分…っww」←間違いに気付いてツボってる

お藤あゆみ「…(・ω・)?」

お藤あゆみ「…(´・ω・)なんだったかしら?」

(ここで銀ちゃんからか袖からか正解を教えてもらって、)

お藤あゆみ「ダンダンドゥビズバー体操よ!(`・ω・´)キリッ」

兄貴ズ「「wwwwwwww」」 

お藤あゆみ「ダンダンドゥビズバー体操とは、だんだん体の筋肉がドゥビズバーッとしていく体操よ。おとっつぁんは、ダンダンドゥビズバー体操をマスターしているの、今、おとっつぁんが二人に見せるわね」ということで銀ちゃんがダンダンドゥビズバー体操を踊ることになります。とても面白かったです。

※ダンダンドゥビズバー体操:妖怪●ォッチのED

親分が発作の引き付け?か何かを起こしてしまったときお藤ちゃんが「おとっつぁん!薬よ!」って木箱に入った小麦粉的な粉を銀ちゃんの顔面にSPARKING!!してそのあと何事もなかったかのようにしれっとしてるあゆちゃん、の図にもう笑っちゃって笑っちゃって立ち直れない兄貴二人の図(愉快)。夜のお薬は銀ちゃん曰く「昼の百分の一の量になってた」だそうです。

昼は薬ぶっかけたあとあまりの量の粉に銀ちゃんが再起不能になってしまったもんで「お嬢さん!親分に水を!」って太一さんが言ってあゆちゃんが袖に捌けてペットボトルのお茶持ってきて、「そ、それはなんですかお嬢さん…!」「…お〜いお茶よ!(`・ω・)」「そ、そうかぁ…wwそんな入れ物初めて見たぁ…」ともはや時代劇にペットボトル持ってくることへの突っ込みすらできないくらい面白がってる太一さんが面白かったです。

まだまだ他にもいっぱいありましたが大体銀ちゃんとあゆちゃんのゆるゆる面白劇場に兄貴二人が素で笑ってしまっているくだりが前半。

そのあと真面目に悪いヤクザに喧嘩で乗り込んでいって上記の通りシリアな展開へ。兄貴の情けで跡目もお嬢さんも弟のものに、そして兄貴はまた旅に出ることに。

一回しか聞けてないのでニュアンスですが旅に出る兄貴の「寂しくねぇ、と言ったら嘘になるな、今まではずっとそこにいる丁次郎といつも一緒の二人旅、それが一人旅になるってのは〜」という感じの大事な台詞のところで「ここに恋女房がいるじゃないか!」と急に飛び出してきたのがなおちゃん演じるお染さん。前の宿場で半次郎兄貴に助けられてから半次郎についていくと決めたと追いかけてきた、とのこと。

このお染さん昼はだいぶ出とちってしまい、下手花道で太一さんがしばらく台詞(寂しくねぇと言ったら~)を言うとこをほぼ全部遮って出てきちゃったもんだからキメるとこなのに太一さん爆笑。「俺はもう少しここで芝居がしたかったんですが…ww」と抗議すると「じゃあもう一回お頼み申します♪」と一旦捌けるなおちゃん(笑)。一旦捌けてやり直しても締まらないから「もういいよwwもう出てきなよww」となおちゃんを呼び戻す。その間上手側で気抜いてた丁次郎友貴さんがへらへらしてるのに気付いた半次郎太一さんの「オイ丁次郎おまえ何へらへら笑ってんだよぉ!これから一家の二代目になるんだぞ!ww」という叱咤もなおちゃんのせいで半笑いです。

丁次郎友貴「すみません兄貴…おれ…その姐さん(なおちゃん)を前にすると笑いが止まらなくて…ww」

お染なおちゃん「しゃんとしなさい!」(笑)

このあとの流れは「これまでは丁次郎と二人兄弟鴉だったが、これからはここにいる姐さんとおしどり道中、夫婦わらじを突っかけようぜ」といったような見得を切る流れに。しかしお昼はこの見得に鳴るはずの拍子木と音楽が鳴らない。そこで半次郎はお染さんの手を取って去っていくはずなのになおちゃんが手出してなくて「お前手ェ出せよぉ!」とかダメ出しする太一さん。そんなくだりがお昼にあったもんだから夜はなおちゃんが間違えなかっただけで面白かったらしい太一さん、「恋女房がいるじゃないか!」ってなおちゃんが出てきてすぐ「姐さん夜はバッチリのタイミングで出てきましたね…!ww」と笑いそれを受けたなおちゃんもくるっと回るという可愛いお二人でした。

夜は夜で太一さんが丁次郎を丁五郎って呼んじゃって「すまねぇ名前が覚えられねぇ…」とか友貴さんに謝ったりするようなくだりも何度かあったり。

笑いありシリアスありでかわいそうな半次郎も恋女房に出会えてさみしくないよっていう救いのあるオチと兄弟尊いの良いお外題でした。しかしなおちゃんのせい(笑)のくだり以外のちゃんと言えてた台詞も昼夜で結構変わっていて。意味は同じなので問題ないんですけど昼のときは「良い男になった」で夜は「良い顔になった」になってました。個人的に昼のほうが好き。

この外題はむかし朱雀と橘菊太郎劇団との合同公演で太一さんが弟分丁次郎、大ちゃんこと橘大五郎さんが半次郎でやっていたものだったとか。朱雀単独でやるのは初めてのことで、この前のツアーで九州行ったとき橘に遊びに行って台詞教えてもらってきたそうな。

これは私感ですがこの岐阜の期間を見てるだけでも太一さんはお芝居の中で自分の気持ちを伝える人なんだなぁというのを感じていたので、この解散公演中に兄弟鴉という外題をゆっくんとやるっていうことの意味の重さがすごくすごく沁みました。

 

そんな余韻の中での三部はしあっわせ~♪な銀ちゃんゲストによるシャナナ(曲順的に太一さんは出られないためいつもの太一さんポジは僚くんが担当)だったりキン男だったり太一立ちソロひとり旅リンゴ追分入りだったり座長のソロがHOMEでボロボロ泣いたり(わたしが)。シャナナは太一さんポジが僚くんだったからこそソロスタンバイ中の太一さんが影マイクしてて、

しあわせ〜♪\ぎんちゃんぎんちゃん!/

きょねんは〜♪\ぎんちゃんぎんちゃん!/って入ってきてすごい可愛かったです

 

ちなみに兄弟鴉はWOWOWドキュメントでちらっと映るやつです。アレは別日なのでおとっつぁんが座長なバージョン。こっちも見たかった…親子漫才…。

早乙女太一ファンクラブイベント2014@横浜タイクーン~昼の部

event

11/3 12:30~

横浜のレストランでのイベント。私事なんですけどこの日前日までAJTのために神戸にいたのでスケジュールがハード過ぎて(あとツーショ撮影に緊張し過ぎて)死にかけてたんだけどよく考えたらこの日見る人たち(太一さん、友貴くん、祐也くん、拓也くん、創くん、あゆちゃん、なおちゃん)も昨日神戸にいた。

レストランに招き入れられ各テーブルに着席。ちょっとしたオープニングトークで先週から始まったツアーの話。新春のBUMPから十ヶ月ぶりのAJTがあまりにもしんどいこれ12月までやってける気がしない…とダラダラ語る太一さんにたしか創くん「え、これ演出したの誰でしたっけ」太一さん「ぼくです」そうだね

そのまますぐ太一さんとのツーショット撮影が始まりその間は過去映像を流してこのあと何が起こったでしょうかクイズをしつつ太一さん以外の出演陣でおしゃべり。ツーショ撮り終わった人から順番にバイキング式のお料理選んで再び着席の流れ。

  • 幸村の映像。兄弟殺陣中に太一さんの刀が折れてしまってそのあと友貴くんはどうしたでしょうか。答えは刀を捨てた。友貴くん曰く兄の刀が折れた瞬間は認識しつつでもまあ次の刀補填してるだろうなと思って見たら持ってない、「えっ素手と刀じゃ俺勝っちゃうじゃん!?」って考えた結果咄嗟に刀捨てて兄弟の殴り合いになった回があったらしい。「ただの兄弟喧嘩じゃん」笑
  • BUMP名古屋公演の胡蝶之夢(太一さんのソロ剣舞)中に刀が飛んでいってしまって、さてどうやってその刀回収したでしょうかというクイズ。正解は次の曲の紫のゆかり、ふたたびでわざわざバク転して取りに行った。簡単に取れるタイミングはあったのにあえてバク転でピンチを見せ場に変える太一さんついて「あえてあそこで取らないんだよ」とドヤる友貴くん。しかし祐也くんに「じゃあもしゆっくんだったらいつ取る?」と聞かれ「俺はあの(バク転しなくても目の前に刀があった)タイミングで取りますけど」ってさらっと言い返していた。やらんのかい。

ツーショ撮りに行ってたり料理選んでたりわたしが眠かったりでこのくだりここ以外の話忘れてしまったのですけどしばらくしたら太一さんがご帰還。太一さんが席外してる間ものすごい饒舌だったのに戻ってきた途端喋らなくなる友貴くん。

太一さんが帰ってきて引き続き刀飛んで行った話。

祐也くん「この前中野(ツアー初日)でも同じことあったんですけど。俺ちょうどその飛んできた刀の近くにいたからかっこよく渡すシミュレーションしてたら二代目が踊りながら『祐也くんいい!祐也くん!置いといて!いい!』って言うから拾えなかった(´・ω・`)」紫のゆかりの騎馬舞踊を再現(というには妙な動きになってた)しながら

太一さん「いやそんな踊りはしてない」

映像クイズ再開

  • BUMP名古屋での矢崎弁天の映像。芝居がすべて終わり幕が閉まりつつある映像にこのあと何が起こったでしょうかの問題。お客さんが「矢崎くんが疲れてる!」と解答すると太一さんは「えっ矢崎くん?矢崎くんは確かに疲れてた!うん!正解!」の返し。本当の正解は子分役として倒れてた小早川俊輔くんが倒れる位置間違えて閉まっていく幕の外に放り出されてしまったこと。当時俊くんまだ舞台キャリアの浅かった頃だったから仕方ないよ~とフォロー入れつつ映像流して取り残される俊くんを見ながら「俊輔!どうした!俊輔ーッ!」とガヤ入れる太一さん笑。
  • 祐也くんが主役のお芝居の映像で何が起こった?の問題。うろ覚えだけど正解は居合に失敗したとか納刀に腕の長さが足りなかったとか系のミス(かわいい)。そんな祐也くんに「祐也くんはね、練習で間違えたことは絶対に本番でも間違える」と太一さん。
  • 友貴くんの恐らく2013年の誕生日公演の映像。幕が開いた瞬間何かが起こります、何が起こったでしょう?の問題。正解は裏方として手伝いに来てくれてた元劇団員の神山大和くんがおもっきり私服でいて焦って裏に逃げた。笑
  • 朱雀一行のプライベートな動画から出題。真冬の海辺に来ていたご一行、ふと太一さんがニヤリと笑ったと思うと少し離れた砂浜で黄昏ている友貴くんに向かって全力疾走。さてこのあと何が起きるでしょうか?正解は友貴くんを海に突き飛ばそうとするもすんでのところで気配に気付いて華麗に回避、その勢いを殺せなかった太一さんが海に突っ込む。急展開すぎて誰もわかるわけない。
  • そしてこの問題続きがあり、更にこのあとどうなったでしょうかと出題。こちらについてのヒントで「誰のせいでこんなこと(びしょびしょ)になったと思います?」な太一さん。「…えっなんで俺が悪いみたいになってんの?」な友貴くん。正解は太一さんが友貴くんに反撃で、真冬にびしょびしょになった(自業自得)太一さんを心配しつつゲラゲラ笑いながら取り囲む面々と遠くから恐る恐る様子を窺っている友貴くん、みんなで面白がりつつこのままじゃ太一さん風邪引いちゃうしびしょびしょだしもう帰ろうの流れになるが負けず嫌いの兄の執念の火は消えておらず油断した友貴くんをとっ捕まえて引きずり海に放り投げて兄弟共々びっしょびしょ。※この動画は太一さんのFCサイトにて公開中なのでみんな見てね

ちなみにこの一連もう一段階オチがあって、寒さに震える太一さんを心配した創くんが自分のマフラーをかけてあげたんだけど帰ってみたらそのマフラー紛失してて、えっなんで!?と思って引き続き撮影されていた動画をあとで見てみるとフワッとマフラーが落ちていく瞬間がバッチリ収められていたという。

この辺で事前にお客さんから募った質問に答えるコーナー。ついさっき回収されたアンケートを目の前で集計する拓也くん。「なんか良い質問あった~?」って拓ちゃんに任せるすごいアナログ作業。

【Q.好きな役者さんはいますか?】

太一さん「ジョニー・デップ!」

【Q.目標にしてる役者さんは?】

太一さん「…じゃあジョニー・デップで」

【Q.共演してみたい役者さんは?】

太一さん「じゃあジョニー・デップで!」三段オチ

ロスのディズニー行ったときリトルマーメイドとかやってる水を使うショーのラインナップにパイレーツもあってジョニデの映像が出てきたのすっごい興奮した!俺パイレーツ大好きだから!と目を輝かせて語る太一さんの無邪気さ。

【Q.俺って大人になったなと思うときはありますか?】

太一さん「…すききらいがへった。食べ物も人も」
創くん「野菜食べるようになったよね」
祐也くん「シーザーサラダとか食べるよね」
太一さん「シーザーサラダくらい前から食えるわ」
祐也くん「うそぉ?」
太一さん「シーザーサラダくらい食えるし」
このくだりでシソは相変わらずダメとのこと。トマトは食えるけど好んで食わない食えるけど。シーザーサラダくらい余裕だし連呼の太一さんにそんなことないでしょって食いつく祐也くん。

【Q.今後挑戦してみたいことは何?】

太一さん「スカイダイビング!…あとカーレース」

創くん「全部死ぬかもしれないやつじゃないですか」

【Q.自分って変?と思うときある?】
太一さん「自分じゃわかんないよ。みんなどう?」
創くん「急。色んなことが。悪戯が多い。ホテルで朝四時くらいに急に血糊使って喀血ドッキリしてきたり」
太一さん「急に血吐いたら普通心配すると思うじゃん?この人一回逃げたからね?」
続き
太一さん「じゃあ友貴。ハイ」
友貴くん「えぇ~…なんかもう麻痺してきた…変なことされても全部ふつうに見えてきた、一緒にいすぎて…」
同じくだりでなおちゃんに「感覚人間」って言われて「…バカだってことですか?」って食いつく太一さんにすごい笑った。たしかその流れでだったと思うんだけど、なおちゃん曰く早乙女太一には嘘とか社交辞令とかそういった概念がないからこちらも全部曝け出さないと見破られる、みたいな話も。

【Q.最大の失敗はありますか?】
ドラマ信長協奏曲1話ラストの「信長って奴はどんな男なんだ」のところ、太一さん曰く2話のシーンと同日に撮ったらしいのですがドラマのスケジュール表の読み方が全然わからず2話撮る日に1話撮るって知らなくて2話の台詞ばっか頭に入れてて、いざドライ始まったときようやく様子がおかしいことに気付いて監督に段取り確認するふりして台本見せてもらって、でも台詞覚えてないとは言えないからその瞬間に台詞全部ブワーッて覚えて何事もなかったかのように1話を撮ったけどあのシーンは内心めちゃめちゃテンパってた、それが最大の失敗…という話。相変わらずとんでもねぇでございますねこの方。
その流れで信コンの話に。
祐也くん「創くんこまだの前の見てない?すごかったよ、偉い人の前でこんな(低い姿勢で脚を広く伸ばしたちょっと色っぽいポーズ)で」
太一さん「いやそんなんしてない。ふつうにこう(傅く)だよ」
祐也くん「いやいやこうだったよ~w」
太一さん「そんなんするわけないじゃん」
お客さん\そうだったよ(祐也くんに加勢)/
祐也くん「やっぱり!?だよね?」
太一さん「本人が違うって言ってるのに!?」 ちがわないのになぜ頑なに認めぬ

【Q.太一さんは体重とか気にしたことあります?】
太一さん「ないな~全然…ってか男ってあんま気にしなくない?…ああ拓也くんは気にするか」
拓也くん「」 ひどい
【Q.朱雀がスザクでもシュジャクでもなくスジャクなのはなぜ?】

一番口当たりがよかったから。「俺はわかんないですけど、つけたのざちょさんなんで」太一さん談。
【Q.23歳になって何か変わったことは?】

「なにもかわんないです」と安定の返しの太一さんにいやなんかあるでしょーと創くん祐也くんが突っ込んで「じゃあ逆に皆23のとき何してた?(友貴くんに)何してた?アッお前まだ23じゃねぇや」って肩払った流れが勝手過ぎて すき

恐らくこの質問コーナーで出た話だったと思うんですが(今年の誕生日何してた?とかかな…)、太一さんと祐也くんが誕生日当日だった一万年後も君は世界でいちばん美しいの金沢公演の日の夜に公園でストリートミュージシャンごっこをしていて、ミュージシャン役太一さん、お客さん役祐也くん一曲終えると次は配役交代してミュージシャン祐也くん客太一さんで一時間くらいずっとローテーションでやってるっていうよくわからない和みエピソードなども。

ある程度のところで質問コーナー切り上げて、今度は○×クイズのコーナーに。全員起立して事前に配られた○の紙と×の紙を掲げるよくある形。不正解したら座って最後に残った5人くらいにプレゼントあげるよというもの。普通にクイズに参加してたので内容あんまり覚えてないんですけど、太一くんは酒に強い、○か×か、という問題で本人的には正解は強い、なのにいやいやここに証拠写真があるから、とマックの店舗の前によくあるドナルドが座ってるベンチで潰れてドナルドに膝枕してもらってる写真登場。渋々強くないことを認めて正解は×というようなクイズたちでした。勝ち残った人達へのプレゼントは太一さんが使い古した舞踊用の扇子。贅沢。

ここでコーナー変わって手相占い師ゲッターズ飯田さんに太一さんの運勢を占ったもらったのコーナー。詳しい結果は忘れてしまったのだけどゲッターズさんにスケベスケベ言われまくってる太一さんをゲラゲラ笑ってる友貴くんが可愛かったことは覚えてます。

祐也くん「え、スケベなんですか?」
太一さん「スケベっていうけどそんなの皆スケベでしょ!?」w

ゲッターズさん曰く今後80歳くらいまで運気上がりまくりの早乙女さんはそもそも運の強い人だけど現在までその運は使ってない、という診断結果にやいやい言う祐也くん創くん。そして「運なんかでここまでやってきてねぇーよっ!」と反論。\拍手喝采/

そしてゲッターズさんからのアドバイスで「歌を歌って盛り上がるともっと運気が上がる」とのことで唐突にカラオケ大会開始。運気アップのためです。私感ですがわたし過去にファンイベントで歌った俳優さんは何人か見てきたんですけど、イベント会場にデンモクが現れたところを見たのはさすがに初めてでした。マジモンのカラオケ大会。

前年の忘年祭で踊ったことあるからとまずガラスの十代をセレクト。太一さんが「俺歌うからみんな踊りなよ、俺は踊りながらじゃ歌えないし」と男性陣に言うと友貴くんは端に引っ込もうとしてて、「いやお前がいないと絵面が悲惨なことになるだろ!!??」って必死に当時18歳の友貴くんを引き止めていた岩崎祐也さん(当時29歳)と久保田創さん(当時34歳)。

/とーまどーう♪(・ω・創ノノ゙パパンッ きーもちーで♪(・ω・祐ノノ゙パパンッ\

男性陣全員で大体2フレーズ毎にマイク交換して最後を歌った人罰ゲーム制にてのずっと好きだった。見守っていた感じから察するに拓ちゃんに罰ゲームさせたかったっぽい友貴くんがあえなく自滅。罰ゲーム内容はお客さんに決めてもらおう〜って太一さんが言うも誰も何も言わず。

太一さん「えーじゃああそこ(レストラン内)に池みたいなのあるけど、突き落とす?」
友貴くん「!!??」クレイジー兄
太一さん「どうしよ~あっじゃあFANTASTIC BABYでも踊りなよ」

ということでカラオケ音源でなく原曲流して(ちょいちょい太一さんも歌いながら)踊ってもらったファンベビ、拓也くんが裏から私物のサングラス持ってきてくれてそれを曲の途中で取るグラサンパフォーマンス(?)があったり、友貴くんの罰ゲームなのに結局最後は太一さんも祐也くんも一緒に踊ったしで大変贅沢なことに。

ファンベビ終了後太一さん「ごちそうさまでした(深々」
カラオケでどういう流れだったか忘れてしまったんですけどゆっくんも歌う?っていう話になっても本人ひたすら嫌がってて、「友貴はやばいよ、俺以上に音程取れないから。もうこれは仕方ないそういう家系だから」ってフォロー(?)してた太一さん。

最後の曲はGang★で、最後だし何歌うかお客さんに決めてもらおう~と客席に募る太一さん。過去踊ったことのある曲とか本人が好きって言ってた曲とかが結構上がるんだけど「いや~それはちがうな」「キーが高いから無理」とことごとく却下していく太一さん。この募集問答コーナーなんだかんだで5分近く続いたんですけど「じゃあわかった」とデンモク弄り出す太一さん。デンモク覗いて「おっエロいやつ来たね!」な創くん。そして流れ出したのがGang★だったんですけど、それ今まで誰一人として挙げなかった曲なのに独断で決めたな!?今の約5分の意味は一体!?!?wwwってちょっと振り回された感じすごい面白かったですし嫌いじゃない。Gang★歌われる太一さんはとてもセクシーでした。

などなどのことをして昼のイベントはシメに。このとき太一さんが「今後劇団にとって大きな変化があると思うんですけど」といったような話をされていて、特に気にも留めないでいたら夜の部のお話を聞いてそれが朱雀の解散を意味していたと知りめちゃくちゃにショックを受けたんですがそれはまあ置いておいて。

ご挨拶をしてお客さん一人一人と握手して捌ける太一さん。このあとは大衆演劇みたいに太一さん以外の出演陣が送り出し。お客さん全員にお土産としてFC特製の折り畳み傘が帰り際配布されたんですが、それを手渡ししていたのが友貴くんで。わたしの前にいた人が握手求めていてそれには応じてたんですけど視線が思いっきり次の折り畳み傘にいってるのを見たときうわこのひとめっちゃ好きって思ったんすけどまあそれも置いておいて。

最後に創くんに前日の神戸でのお芝居めっちゃよかったですの話をして数時間後解散の話を聞くとは露ほども知らず楽しい気持ちで横浜を後にしましたとさ。おわり。